Scroll to top

社会事業

YBMは、1982年に韓国文学を国際化させ、国際的なコミュニケーションと交流を促進するために、非営利文化財団である国際交流振興会(ICF)を設立しました。ICFでは、韓国の作家や文学作品を海外に広報し、韓国文学や文化を世界に紹介しています。

過去30年間、弊社では主な目標の1つとして、韓国文学翻訳者の養成を掲げてきました。これを実現させるために、ハーバード大学、ブリティッシュ・コロンビア大学、オックスフォード大学で基金を創設して、韓国文学の教授職を設け、これらの教育機関での韓国文学の研究と講義を可能にしました。さらに1996年からは、海外で韓国文学、英文学、比較文学、そして創作的文学を専攻する韓国人及び外国人大学院生を支援してきました。

ICFでは、2007年に文芸『AZALEAが創刊されて以来、ハーバード大学の韓国学研究所に対して同文芸誌の出版の財政支援をしてきました。韓国現代文学の翻訳作品を紹介す『AZALEAは、韓国の文学と文化に関する初の英語雑誌です。この文芸誌は毎年出版され、海外のいくつかの大学で韓国文学の授業の教材として使用されています。

韓国学研究支援契約に署名するYBM代表ミン・ソンシクと オックスフォード大学の副総長ジョン・フード

韓国学研究支援契約に署名するYBM会長ミン・ソンシクと
オックスフォード大学の副総長ジョン・フード

韓国文芸誌『Azalea』の表紙

韓国文芸『Azaleaの表紙